2月16~18日に何十年かぶりに大阪に行ってきました。いつもKansai_tudoi3
Kansai_tudoi2
Kansai_tudoi1
狭山の集会で大阪の仲間たちから応援してもらっているので、たまにはそのお返しをしたいと思ったからです。
 狭山の集会は、関西の仲間や東京のノジマさんを中心に、650名が入るホールにいっぱいの人を集め、大成功でした。本田牧師さん、石川さん夫妻、袴田秀子さん、寺澤暢紘さんなど、講演される方の思いに感動しました。学生時代に狭山を知り、その理不尽を許せない気持ちがよみがえった気がしました。ホールに集まった人たちみんなが冤罪被害者の無罪を勝ち取る思いを共有し、自分の周りの人に訴えようとあらためて心に刻んだと思います。ホールに至る階段に「狭山東三河の会」の横断幕も掲げることができました。
 第2部のライブ、ぼくは小室等さんの70歳を過ぎてもなお、かっこいいのが一番心に残りました。ちょっと悔しい(笑)
 打ち上げ交流会も狭山や差別に真剣に取り組んでいる人たちの熱い思いに接し、「またがんばろう」と思いました。
 狭山だけでなく、いろいろ楽しいこともありました。
 鶴橋のコリアンタウンの活気に触れたこと。
 釜ヶ崎の日雇い労働者の支援をしている人たちの優しさや強さに出会えたこと。ハンセン病の講演会に参加して、強制的な「断種・堕胎」の理不尽を知ったこと(まだ勉強不足)。アベノハルカスで食事したこと。学生時代、いつも乗っていた阪堺電車上町線に一駅だけ乗ったこと。銭湯に行ったら、豊橋に住んだこともある人に奇跡のように出会い、ぼくの三河弁をすごく懐かしがってくれて、話が弾み、裸の付き合いができたこと。心斎橋で韓国映画「金子文子と朴烈」を見て、衝撃的だったこと。テレビによく出てくる黒門市場に行って、買い食いをしたこと。中国人はいっぱいいたけれど、マナーの悪い人は見なかったなあ。
 初めて会う人、再会した人もいて、お世話になりました。楽しい2泊3日でした。