狭山おたより日誌1月15日
 
 みなさん、お元気にお過ごしですか?
ぼくはまずまずといったところです。
先日、教え子の成人式に招待され、スピーチをしました。
大人として、政治に関心を持ち、必ず投票に行くように話しました。
1889年、明治憲法ができた時、
選挙権があったのは、直接国税15円以上の男子で、全人口のわずか1%でした。
教え子たちの学年は43人なので、
「43人中、選挙できたのはわずか4人で残りの39人は投票できなかったのです。」
「女性が投票できるようになったのは戦後になってからでした。
先人が苦労して勝ち取ってきた権利です。
政治に関心がなくても無関係の人はいません。
絶対投票に行ってください」
と、話しました。
でも、後になって、思いついたけど、
43人の1%って、0.43人でした。
1人にも満たなかったんですね。
偉そうに演説したら、恥かきました!
 
狭山だけではありませんが、
誰が考えても無実の人を無罪にできない日本の司法。
今年こそ、突破口を開きたいです。
1月の定例会議
〇1月25日(金)15:30~17:00
〇豊橋美術博物館1階カフェ「ネオ コスタリカ」
で予約しました。
コーヒーなら356円です。
豊橋公園駐車場3時間まで無料券が出ます。
都合着く方、ぜひご参加をお願いします。