9月から、実家の畑の一部を借りて、菜園を始めました。小さな畑ですが、久しぶりに鍬を使って畝を作り、今日は大根の種蒔きをしました。その後、中学3年生に数学を教えました。50年ぶり以上前に勉強したことなので、教えられないこともありました。でも、説明に納得できることは、理解することや身につくことの第一歩と思います。中3生にそんな様子が見えたので、ぼくも教え 甲斐がありました。
 午前中は、狭山の定例会でした。
 豊川事件をCBCが特集した番組のDVDを見て学習を深めました。冤罪はどこも同じじ構造があります。犯人ありき、自白の強要、自白の変遷、裁判官の検察への迎合と、人権感覚のなさです。
 その後は、現状の政治についての自由な話し合いをしました。9条はそのまま条文を生かした「丸腰」がよい、いや憲法に海外で武力を発動できないという条項を入れる「新9条論」も検討すべき(でもいまは安倍改憲に利用されるので時期が悪い)がよいという意見が出ました。
 外交は、大国としなやかに上手に付き合うことによって、独立を保ってきた琉球に学ぶべきだという意見もありました。
 狭山の今後の活動としては、学び、それを知らせ、つながりを求めるという、<こうべ>に学ぼうというスタイルで行きたいと思います。具体的には、取り調べの可視化について学び、10月は街頭宣伝をし、11月には浜松の清水(袴田)事件の集会に参加したいと考えています。
〇豊橋駅前街頭宣伝 
 10月26日(金)14:00~15:00
※リーフレット配布、横断幕を持つ、プラカードを持つ、署名など、皆さんにできることがきっとあります。どうぞ、ご参加をお願いします。