狭山おたより日誌10月23日。
選挙が終わったら、ちょっと休めると思ったら、実家の柿取りが始まります。もう、55年くらいやっています。半世紀以上ですね。
10月27日(金)17:00から2か月に1回の街宣をします。
いつもの豊橋駅前です。
狭山事件は54年無実を訴えています。
袴田事件は再審決定されたのに、検察の嫌がらせにあって、3年たってもまだ始まっていません。
鹿児島の大崎事件も再審開始が決定されたのに、また検察の即時抗告によって始まりません。
日本の検察や裁判所は人権を守るところではありません。
街宣では、横断幕を持つ、幟を持つ、プラカードを持つ、チラシを配る、署名をする、マイクでアピールするなど、あなたにできることがきっとあると思います。
ぜひご参加ください。
よろしくお願いします。