2020年02月

  家庭菜園もちょっとお休みしていましたが、今日はジャガイモ用の畝の準備をしてきました。ぼくは、深く耕して元肥を入れるので、くわで耕すのが大変です。1列やるにも途中で腰を伸ばしています。
 桜井昌司さんと連絡が取れまして、9月5日(土)に集会を開くことに決まりました。お話しする内容として、①無実の人がなぜ自白させられるか②再審の壁を開けるには何が必要かを伝えました。「できれば1曲くらい歌も歌っていただければ」と言ったら、「カラオケを持っていきます」とのことでした。本当に支援する人を支援する人です。
 チラシ作り、会の持ち方、それを通して会としては何を目指すのか、そんなことをみんなで進めていきたいと思います。
 9月5日(土) 桜井さんと冤罪と再審を考える集い」です。どうぞ、カレンダーに記録をお願いします。

 今日は2月の定例会議を行いました。参加者6名。自分の言いたいことがほぼほぼ言えているなと思います。事務局からの提案は、みんなの意見で次々に修正されていきます。その分、意見や思いは深まっていくと思います。イベントとしてのイベントではなく、どうしたら冤罪をなくせるか、力になる集会にしようということになりました。

 まだ、日にちは決まりませんが、9月以降にイベントを行うことにしました。そして今日は、「再審法改正」問題について、かなり時間をかけて学習することもできました。

...

 なお、3月20日に予定していた街宣は中止することにしました。

 NHKEテレの「Black in Braku」という番組見ましたよ。部落出身者の発言を聞くと、まだまだ差別が再生産され続けているなと思いました。アメリカでは、「Black Manth]というのがあって、黒人の歴史や文化に思いを寄せる月(2月って言ってたかな)があるのだそうです。アメリカの方がまだ日本の部落差別よりもオープンという感じがしました。
 日本の部落差別もあからさまな差別「お前んとこの街怖いんやろ」みたいなのは減ってきたと思うけど、SNSなど匿名ではひどい差別があったり、番組の途中にも視聴者から結婚差別で悩んでいるとメールが届いたり、根は深いと思います。ただ、参加者が前を向いて希望を語っていたのが嬉しかった。
 狭山事件は、部落差別によって石川一雄さんが犯人にされた冤罪事件です。差別をなくすためにも石川さんの無罪を勝ち取らねばなりません。
定例会
・2月21日(金)15:00~アイプラザ豊橋301会議室
街宣
・3月20日(金)14:00~豊橋駅前
ご都合つけて是非ご参加お願いします。

 今日は、豊橋のある「おかみさんの会」で、「狭山カフェ」を開かせていただきました。会員のうどん屋さんの2階の広間をお借りしました。もう何年も勉強会や親睦を続けていることは本当に素晴らしいと思います。会の初めには、お客さんのために正直に商売をする10の心構えを唱和しました。
 大手のチェーン店が幅を利かす時代ですが、まじめに地道に商売をする地元店が繁盛しますようにと思いました。
 「狭山カフェ」は、いつもの通り、DVDを30分見て、そのあと、おもにスケッチブックを使って、1時間ちょっとお話させていただきました。DVDは今回は、テレ朝の長野智子さんがレポーターのドキュメンタリーを見てもらいました。簡潔で分かりやすい内容です。スケッチブックでは、万年筆や指紋のことを中心に話しました。
 鴨居の模型も運び込んでみてもらいました。インクの補充はあり逢えないということはよくわかっていただけたと思います。
 質問や感想の時間を最後に取りましたが、「警察が万年筆を置いたと思う」とズバリと言われる人がいて、びっくりしました。真剣に聞いていただけたので、このような鋭い指摘があったのだと思います。
アジアに学校を作っている活動をしている方にも出会うことができました。最後に石川さんや皆さんが元気なうちに石川さんのお墓参りを実現しましょうと確認しあって実りある「狭山カフェ」を終わりました。みんな笑顔で集合写真を撮りました。
今後とも「狭山カフェ」開いていきたいと思います。オファーをお待ちしています。

↑このページのトップヘ