2015年11月

狭山おたより日誌11月29日。

あの、昨日も今日も上着を表裏逆に着て外出してました。
「1日1回はボケて、笑おう」という生活目標を立てたのですが、
2日続けてだと、さすがに顔が凍りつきました。

...

今日は狭山の協力者の方たちに
「狭山ニュース11号」を送る準備をしました。
何か目に見える作業をすると、気持ちが落ち着きますね。
狭山事件のことを一人一人に
知ってもらうこと。
どうやって広めるか。
とにかく、皆さんの目に見える活動をすることも大事ですね。
「あ、狭山やってるな」とまず分かってもらう。
その後、狭山など冤罪事件と向き合うことが
いかに大切か分かってもらう。

そのためには、もっともっと勉強しないといけません。
なんで狭山が大事か、説得できないといけないから。
そして、いつかは、「冤罪ゆるさない総がかり行動」
みたいな運動を作りたい。
山本太郎さんに国会で「冤罪許すな大演説」をしてもらいたい。
国会議員や地方議員で冤罪許さない活動に熱心に取り組む人を作りたい。
冤罪許さないシールズと、ママの会を作りたい。
すべての冤罪被害者をただちに解放したい。
もちろん裁判で無罪を勝ち取って。

大きな夢を持って、小さな一歩を歩もう。

うちの会のホームページがすごいことになっています。
担当のKさんが更新してくれています。
「狭山東三河」で検索して、たまに覗いてください。
よろしくお願いします。

狭山おたより日誌11月24日。

ちょっと古い話ですが、
先日嫁と二人で神戸旅行に行ってきました。
まだまだ若いつもりですが、...
このごろ信じられないような
ボケばっかりしてます。
駅のコインロッカーに入れていたバッグを出そうと、
かぎを入れて回そうとするのですが、
何度やってもかぎが回りません。
ちゃんと番号はあっています。
おかしいなあと思ったら、
なんとコインを入れる穴にかぎを入れようとしていました。
あーあ。
ぼくの老化は相当加速度がついてます。
でも、笑ってごまかすしかありません。

今日はいいことが2つありましたよ。
1つ目は12月20日の松元ヒロさんのライブに
狭山ニュースを入れさせていただけることになりました。
松元ヒロさんは、去年初めて見ましたが、
チャップリンのモダンタイムスを語りと演技で
再現してましたが、感動して
涙が出てきました。
狭山事件も支援してくれています。
それで、狭山ニュースを入れさせていただく代わりに、
チケット販売に協力させていただきます。
前売り4000円です。当日4500円。500円お得。
政治も社会も笑い飛ばす。
スカッとします。
もやもやを抱えている方、ぜひ見に来てください。
チケットはぜひ山崎から購入してください。

2つ目のいいことは、国民救援会東三河支部の定期大会で
狭山事件の発言ができることになりました。
狭山を広く知ってもらう
それが運動のすべてと言っていいと思います。
狭山ニュースも入れさせてもらえるかもしれません。
救援会の幹部の方と狭山のことで話し合いを持つことも決まりました。

みなさん、12月の定例会
12月13日(日)10:00~ 青陵地区市民館ですよ。
ぜひご参加ください。

狭山おたより日誌11月8日。
6名の参加でした。人数は多くはありませんでしたが、
とってもいい話し合いができました。
一人は浜松から参加の新人さんでした。
この方は、露の新治さんのファンと思っていました。
露のさんは浜松で毎年寄席をやられていて、
豊川集会の日も何人かお越しになっていたからです。
でも違いました。
なんと、以前浜松の「反戦争法集会」に参加したとき、
たまたま出会った方でした。
ぼくは、集会の隅っこで「狭山豊川集会」の宣伝をしていて、
Kさんと出会ったんです。
Kさんは静岡県で起きた「島田事件」の関係者でした。
それで冤罪事件に関心を持っておられました。
その出会いを忘れていました。
自己紹介を聞いてやっと思い出しました。
ぼくが浜松で宣伝行動をしたことは無駄ではありませんでした。
わざわざ豊橋まで来ていただいて本当にありがとうございました。
話し合いの中心はこれからの活動をどうするかということです。
主な意見は次のようなものです。
・映画を見ていただいた人、トークを聞いていただいた人に「協力者」になっていただくような活動をめざす。
・特にアンケートを書いていただいた方が再び集まってくるような活動をする。
・また来たくなるような楽しい会にする。
・その中身として、勉強会を充実する。会議がイベントの打ち合わせだけでは魅力がない。
・勉強会の中身は、「冤罪はなぜ起こる」「取調べ可視化」「他の冤罪事件」。テキストは例えば「狭山パンフ」「早智子さんのHP」「狭山事件1問1答」など本の読み合わせなど。
・狭山に関する手持ちの書籍・資料を持ち寄り、「狭山文庫」を作り、貸し出しサービスをする。
・お茶を飲みながら狭山や映画の感想などについて語りあうのもよい。
(今日はKさんから島田事件との関わりをお聞きしました)
・狭山につなげて楽しい活動をする。
・イベント中心よりも一人一人の協力者を得ていく活動にシフトする。
・大きなイベントは協力者を増やしながら、みんなの創意・総意の高まりにより、企画していく。
・山崎は大きなイベントとして、狭山映画のラスト上映を東三河各地で小さな会場で巡回すること、映画とは別に、石川夫妻と布川事件の桜井昌司さんをお呼びして「冤罪おこすな、東三河集会」みたいなものを考えていました。これは、しばらく封印して、協力者を作っていく楽しい魅力ある会づくりを目指したいと思います。でも、これが、難しいんですよね。
まだまだ楽しい活動、また来たくなる活動の具体的な中身は曖昧模糊としていますが、狭山東三河の会の課題ははっきりみんなで共有できたと思います。その意味ですっきりする気持ちの良い会議ができました。今日話し合えなかったこともたくさんあります。「どうやって狭山事件を知らせるか」の作戦会議とか。
豊川上映会の後、私たち狭山東三河の会は新しい一歩を歩みだしたと思います。少しでも魅力ある活動になるよう、みなさんのご協力をぜひお願いします。
次回は12月12日(土)10:00~12:00もしくは
12月13日(日)10:00~12:00です。どちらがいいですか?
お知らせください。なお、忘年会ランチをしたいと思います。ぜひご参加ください。
※沖縄の映画「戦場ぬ止み」チケット3枚入り封筒2通預かってもらいました。ありがとうございます。

狭山おたより日誌11月7日。
いよいよ明日は定例会議。
都合があって、欠席という連絡が入っています。
ひゃー、焦る!
会員・非会員のみなさん、狭山の運動を東三河に定着させたいと思います。ぜひ、冷やかし半分で結構ですから、覗きに来てください!
よろしくお願いします。

狭山おたより日誌11月6日。

娘から「悪い知らせがある」
何かな?と思ったら、
「子ども(ぼくから言えば孫)が昼寝をしなくなった。
午前中公園で遊ばせても、ドライブに連れて行っても
寝なくなった。恐怖」
ということだった。
同情するよ、頑張ってくれ。

「11月8日は狭山東三河の会の定例会議をします。
冤罪は、人々を苦しめます。絶対にあってはならないものです。しかし、冤罪をなくすための国会内や草の根運動はまだまだ大きなものではありません。冤罪をなくすために国会で真剣に追及している議員は多くはいないと思います。シールズのような学生団体が冤罪撲滅のために活躍しているわけでもありません。もちろん、多くの団体や個人が冤罪の解決や予防のために頑張っています。わたしたち狭山の会もその一つです。狭山事件の再審無罪に向けてどう運動していったらいいか、みなさんでアイディアを出し合いたいと思います。
〇時間 10:00~12:00
〇ランチ 12:00~13:00
〇場所 豊川市文化会館 第2会議室

みなさん、ぜひご参加ください。

↑このページのトップヘ