2015年09月

狭山おたより日誌9月25日。
今日ある新聞社に
狭山のお話をさせてもらいに行った。
でも、ぼくの要望ばかりの姿勢に苦言を言われました。
ぼくは周りの人たちに
お願いばかりしているので、
これでいいのか不安もありました。
新聞社を味方にしろとよく言われます。
でも実際はうまくいってなかったんですね。
どうやってつきあったらいいのでしょう。
少なくとも、情報提供が多すぎるのがいけなったんでしょうね。
また、知り合いへの情報も多すぎ、きっとうんざりさせて、
数はわずかですが、
チケットを返却されたり、
メール停止を言われたりしたこともあります。
多少のリスクは仕方ないと思います。
しかし、押しつけがましくなったり、
しつこくなったり、
良心に訴えすぎたりするやり方にはいいことはなく、
気を付けます。
それでも、狭山事件のこと
石川さんのことは何としても
みなさんに知ってもらいたいという気持ちに変わりはありません。
いい方法は見つからないかもしれませんが、
皆さんには今後ともあれこれお願いすると思います。
断られる場合はあっさりと引き下がります。
そして、狭山をライフワークとして頑張るとともに、
自分の生活の中でいろいろなことを楽しんでいこうと思います。
自分の気持ちのゆとりが
狭山の活動にとっても、
いい影響があると思います。
何しろ不器用ですから
うまくいくか確信はありませんが、
結果にはこだわらず、
ゆっくり前に進みたいと思います。
みなさん、狭山をよろしくお願いします。

狭山おたより日誌9月22日。
今日はチケット12通を郵送しました。
封筒を並べてみました。
10月10日(土)本番まで3週間を切りました。
当日資料作りなど、やることがいっぱいあります。
あすは、小坂井のフロイデンホールで①10:00②13:30
『みんなの学校』の上映会があります。
教育を考える方必見の映画だと思います。
そこで、狭山のチラシ入れさせてもらいます。
また、チャンスがあればチケット販売もしたいと思います。
折り込み9:30からです。
ところで、10月10日は、お祭りがあるところが多いようです。
みなさん、お祭りも大事だけど、
そこをなんとか、豊川市文化会館中ホールに来てください。
冤罪事件の集会はもちろん真剣にやります。
でも、ほっこりするあったかい会にしたいと思います。
そして、「ここもお祭りだぞ」みたいにちょっとわくわくするような会にしたいと思います。
言うほどのこともないかもしれないけど。
「来てよかったね」と思ってもらえる会にしたいです。
石川さん夫妻にぜひ会いに来てください。
また、露の新治さんのお笑い人権高座も楽しみにしてください。

CCI20150921
狭山事件てなんだ6
狭山事件の救援活動をしている人は全国各地にいます。
その人たちは、誰かの指示を受けているわけではなく、
狭山事件をほっとけないと思って自らの意志で活動しています。
一昨年、狭山事件で犯人とされた石川一雄さんとその奥さんの早智子さんの夫婦の日常生活を描いたどドキュメンタリー映画が作られ、
全国各地で自主上映会が行われています。
狭山の映画と石川さん夫妻の話
まだ見ていない聞いていない方は是非
豊川市に来て、上映会に参加してください。
ハートフルな集会になると思います。
自分で言うのもなんですが、
1月の豊橋の上映会は多くの方から「よかった」と言ってもらいました。
10月の豊川上映会は豊橋を上回るいい会にしたいと思います。
どうぞ、ご参加ください。
前売りチケットは山崎や狭山東三河の会員、
そして、豊川堂豊橋本店、カルミア店、豊川プリオ店、アイプラザ豊橋
で購入できます。

狭山おたより日誌9月16日。

どうしよう!
地元コミュニティFM「FMとよはし」の
番組出演が決まりました。...
まだ大きい声では言えませんが、
本番1週間の10月3日土曜日14:00からです。
今年1月の豊橋上映会の前にも
うちの会員が出演しました。
人気パーソナリティーの
渡辺よしおさんがとっても上手に聞き出してくれて
とってもいい番組になったし、宣伝になりました。
番組終了後、ぼくのところにすぐ問い合わせがありました。

今日お願いに行ったら、お話を聞いてくださったのは、
同じく名物ディレクターの「もえもえ」さん。
出演があっさり決まったので、
ぼく「どうしよう、スタイリストさんにお願いしなきゃ」
もえ「いえいえ、ラジオですから大丈夫ですよ」
というめんどくさいお決まりのおじさんコントにも付き合ってくれました。
ラジオ出演、出たい方いますか?
正直言って、ぼくも出る気になっていますが、
女性が名乗り出ていただければ代わりますよー。

狭山事件てなんだ3

今日からFB友達などにチケットを広めるお願いを始めました。
押しつけがましくないように、でも真剣にお願いしたいと思います。
このイベントを読んでおられる方の中には、...
すでに狭山事件について取り組んでいる方も見えると思います。
あなたの狭山の思いを語っていただけませんか。
これまで狭山について活動してきた方もそうでない方も、
「なぜ狭山に取り組むか」に耳を傾けていただけませんか。
きっと人それぞれだと思います。

まず、山崎が狭山について語ります。
やはり、狭山をどれだけ身近に感じられるかということだと思います。
ぼくが一番狭山を身近に感じられた訳は、
石川さんが何もやっていないのに密室で取り調べを受け、
刑務所に入れられた理不尽さへの怒りということです。
何もやっていない人が嘘の証拠まで作られて
刑務所に入れられ、裁判所もこれほど明確なのに無罪判決を出さない。
これほどひどい警察・検察・裁判所は
アウトでしょ。
ぼくはこれが他人事ではないんです。
これまで警察・検察・裁判所のトリオが犯した
悪事をなかったことにはできない。
石川さんが奪われた人権は私たちの人権もそれだけ奪われているのだと思います。
間違った人が犯人にされる冤罪がなくならない、
冤罪が晴らせず、何十年も苦しめられる
そういう社会は明るくない、
権力が自分たちが犯した間違い(悪事・不正義)を自ら糾すことができない社会は暗い。
人間一人の人権・人生を大事にしていない。
人権や人生・命の尊厳への畏れがない。
踏みにじって平気でいる。

みなさん、狭山は人間が人間を人権を取り戻す取り組みだと考えています。一人の人権への権力の理不尽を
周りのみんながほっとけないと立ち上がった運動です。
一人の人権がみんなの人権につながっているという意識があると思います。
One for all,All for one.の人間が人間を大事にする闘いなのです。
権力が一人の人間をそまつに扱っているのに対抗する闘いです。
だから温かい人間の闘いなのです。

みなさん。
まず映画を見てください。
狭山のアウトラインが分かります。
石川さん夫妻の声に耳を傾けてください。
石川夫妻が苦しみつつ支え合いつつ
石川さんがこうむった理不尽と向き合っている姿に共感できるのではないでしょうか。

狭山は名張事件や袴田事件と同じ冤罪事件の救援活動です。
安保法案反対などの他の課題と少し違って、何かなじみがないというか、近づきがたいものを感じる人がいるかもしれません。

まず映画を見に来て下さい。
石川さん夫妻に会ってください。
きっとイメージが変わると思います。
そして、あなただけでなく、周りの人も映画を見るように、
どうぞ、チケットを広めてください。
よろしくお願いします。

でもどう考えるかはあなた次第です。
ぼくも人の必死の訴えを無視していることは数々あると思います。
お合い子です。
でも、できることなら
映画は見に来てほしいと心から願っています。

※さあ、これでぼくの狭山の語りは終わりです。
最後まで読んでいただいて本当にありがとうございます。
狭山に取り組んできた皆さん、
あなたの狭山について語っていただけませんか。
きっと、今活動をしている人にもしていない人にも
響くものがあると思います。

↑このページのトップヘ