2015年07月

今日は豊橋市内の4つの教会を回りました。
一つはお留守でしたが、3つは牧師さんとお話して、チケット3枚入り封筒を3通預かってもらいました。特に一つの教会(ルーテルみのり教会さん)は、ぼくが送ったメールをカラーでプリントアウトして、掲示板に貼ってくれていました。感激です。空振りばかりだと落ち込み、こういうことがあると、それだけに感激も大きい。単純です。
さらに、『嗚呼、青春の花は咲く』公演に狭山のチラシの折り込みを許可していただきました。地元豊川の公演に2500枚のチラシを入れられるのは本当に大きいと思います。東三河演劇祭実行委員会様、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。

みなさん、こんばんは。
 
狭山7月定例会議を行いました。
 
青陵地区市民館は豊川市文化会館に比べ、
使用料は何と3分の1。でも、急須がない。
お茶飲む時、急須持ってくるかなあ。
 
10月10日まで2か月半です。
本番まで期待と不安が同居します。
これを楽しみたいと思います。
結果にはこだわらない。
一人ひとりに狭山事件を知らせたい。
知らせられたことを喜びつつ、
できることはいろいろチャレンジしたい。

みなさん、こんばんは。
 
豊橋駅前で
「戦争法案止めよう」署名をやっていたら、
視力障害者支援施設で働いている方が、
「うちに来て、皆さんに狭山の話をしに来てください」
と、誘っていただきました。
 
い機会です。
頑張りたいと思います。
 
集会案内です。チラシ入れやチケット販売をしようと思っています。
①8月3日(月)18:30~20:30
蒲郡市 生命の海メディアホール
「安保法制にについて弁護士さんのお話を聞いて賢くなろう会」
   
8月7日から3日間、
豊川市文化会館 大ホールで
豊川海軍工廠が爆撃されたことを再現した演劇
「嗚呼、青春の花は咲く」
が上演されます。
当時の女学生の悲劇を現代の女生徒が熱演します。
前売り2500円で少し高い気がしますが、感動を味わいませんか?
8月7日 15:00~
8月8日 15:00~
8月9日 11:00、15:00~
 
③8月9日(日)13時受付
御津ハートフルホール
「田邉雅樹さんを守る会」第5回総会
(豊川幼児殺人事件)
 
そして、あさって7月23日(木)19:00~21:00
狭山東三河7月定例会です。
場所は青陵地区市民館 会議室です。
 
ご都合着く方はぜひご参加ください。
お待ちしています。

みなさん、こんばんは。
 
昨日、久しぶりにネクタイを結ぶ機会がありました。
結び方を忘れていました。大丈夫なのか、自分。
ネクタイを結ぶのは、年5回もないから、しかたないか。
 
今は、日本がまた戦争する国にならないように、
戦争法案反対の活動に
ぼくの青春(初老春?)のすべてをかけて活動しています。
狭山のことはちょっと横に置いていました。
 
考えてみたら、
7月23日の定例会まであと10日を切っています。
そろそろと狭山についても動き出します。
 
①久しぶりにチケットを預けました。
5枚入り5通、3枚入り3通です。あrがとうございます。
こつこつと、チケット販売がんばりましょう。
 
②豊橋市の9月議会に「狭山事件の再審を求める意見書」を提案したいと思います。
全国的にも例がありません。
手本がないので、各種意見書をネットで取り寄せて準備していきたいと思います。
市民のこのような取り組みを報道機関にも取り上げてもらって、
狭山事件について人々が知るきっかけにしていきたいと思います。
 
③このところ、たくさんの人とFB友達になりました。
多くは安保法案反対が機会になりました。
ですが、狭山についてあまり知らない人にこそ、
狭山について話す機会ができればいいなと思っています。
それで、8月になったら、FBに「狭山ってなーんだ?狭山事件のABC」みたいなページを作ろうと思っています。
応援お願いします。

7月11には、愛知県岡崎市で戦後70年「三河から平和の風を吹かそう」のイベントが行われます。
共催者であるBFP(ブリッジ・フォー・ピース)は、フィリピンをはじめとするアジアと日本の間に、戦争体験者と体験のない世代との間に、平和の架け橋をかけることを目的にしています。
戦後70年を100年まで伸ばしたいと言われています。
戦争のない世の中をめざして素晴らしい活動をされています。
都合のつく方は、岡崎のイベントに参加してください。
代表は神直子さんです。
その神さんに、地味に狭山の宣伝をさせてくださいとお願いしましたら、「もちろんOKです!ちらしご持参ください。」と、返信がきました。
狭山のチラシやチケットを広めるために活動していますが、飛び込みの営業マンや布教活動をする宗教者とよく似て、いつもいい結果が出るわけではありません。
こちらが思っている以上の親切に出会ったときは、本当にうれしくなります。
狭山のことを訴えてきて、良かったと思う瞬間です。
神さん、ありがとう。
狭山は「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という人々の分かち合いを実践しています。
人は、生まれてきて、だれも幸せにならなくてはいけません。
それは、人々が支え合ってこそ、生まれると思います。
人の幸せが権力の都合によって奪われてなるものかです。
そこで、戦争ともつながりますね。
人々の支え合いで抵抗しなければなりません。
52年無実を訴えている狭山事件の再審開始のために、お力をお貸しください。

↑このページのトップヘ