2015年05月

みなさん、こんばんは。 今日はど忙しかったけど、1日の終わりにJAZZダンスで大盛り上がってすっきりしました。カーテンコールでお母さんたちが会場の一番後ろ(最上階)から、ステージ上の子供たちの名前を絶叫してエールを送っていました。こんな大きな声で親が子どもの名前を呼べるときってめったになく、いいなと思いました。 9時から新城で、満蒙開拓団の映画「望郷の鐘」を見ました。入植した開拓団に自決用の青酸カリを配るなんて、いったいどういう国かなと思いました。戦争のさなかにあっても、日本人の残留孤児を育てた中国人の親。戦争をしてても民衆同士は理解しあえるものがある。政府のいう「国策」には気をつけねばならない。原発も集団的自衛権も。 狭山のちらしやチケットも配ってきました。新城グループには、チケット30枚とちらし多数。設楽町Oさんには、チケット10枚その他、3枚入りチケットを3通預けました。 4時からは、桜丘高校に行き、生徒会の高校生や平和行進を待つ何人かの大人の人達にちらしを渡しました。 集会はチケットを配る絶好の機会です。みなさん、集会にはなるべく参加し、チケット販売しましょう。 そう言えば、狭山中央集会に行った時、鳥口さんにお会いしました。鳥口さんは、市民の実行委員会を作ってチケットを売り、山梨県甲府市で狭山映画の上映会を大成功させた人です。ぼくの目標にしていた人です。鳥口さんは、何度も新聞に取り上げてもらい、狭山事件と上映会の知名度を上げたと言われていました。 ぼくたち東三河の会も同じと思います。ぼくたちは小さな市民の会です。大きな団体に声を掛ければ、たくさんの人が来てもらえるわけではありません。チケットを1枚ずつ積み上げて売っていくしかありません。狭山事件について知らない人が多い中でチケットを売っていくことは、なかなか大変です。売ってくださる方、買ってくださる方に本当に感謝したいと思います。 それとともに、新聞社の方に本当に期待しています。狭山は全国民から見て、メジャーな話題になっていないかもしれません。しかし、何もやっていない人が、捜査機関によって証拠をねつ造されて殺人犯にされた事実が、 52年も明らかにされないというのは、大変なことです。新聞社・テレビ局、メディアは絶対に取り上げてほしい。どうしたら、新聞社に取り上げていただけるのだろう。ジャーナリズムは人々が狭山に目を向けるようにする責任があると思う。いつ何を取り上げてもらえばいいのだろう。記者さん、ヒント教えてください。 6月20日には定例会を行います。「無実の人がなぜ自白するのか」という学習会もします。小さな会が継続して狭山の活動をしています。その活動や私たちの会自体を取材していただきたいと思っています。 私たちの活動がんばります。みなさん、記者さん、ご支援をお願いします。

みなさん、こんばんは。
 
算数で円と球の勉強をしました。
教室の中で円や球を見つけようという問題です。
「時計」「はかり」「ごみばこ」「丸椅子」「丸磁石」
順調です。結構あります。
「鼻の穴!」・・・いいね。
「鼻の穴は円?球?」
「円!」ベリーグッドです。
「頭の形は円?球?」
「球!」
「人にもよるけどね」
子どもたちは結構面白い発想します。
 
狭山の映画の中で石川早智子さんが
たしかこんな意味のこと言ってました。
「狭山事件のことをまずは知ってもらうこと。
いつもそこからというのが、つらいんやけどなあ」
ぼくも時々は、焦ったり、弱気になったりします。
たくさん、人は集まるかなあ。チケットを売ってくれる人は集まるかなあ。狭山はメジャーじゃないなあ。
そんな時は、人に対して、ちょっと愚痴っぽくなったり、押しつけがましくなったりしているなあと反省します。
感謝の気持ち、大事ですね。
 
5月29日、豊川海軍工廠の集会で
鈴木克昌さんに会いました。
「チケットは事務所で預かりますよ」
と言ってくださいました。
高校での上映会も高校内部にうちの会員や映画を見た人がいないようなので、
なかなか厳しいです。
でも粘り強く交渉しています。
今年は思い通りの結果が出ないとしても、
今は土を耕すつもりで、来年につなげようという夢をもって交渉しています。
桜丘高校関係者5人くらいを10月の豊川の映画会に参加してもらえるように、がんばろう。
 
チケット販売をする実行委員大募集中です。1枚からでも大歓迎です。
石川さんの冤罪を一刻も早く晴らすために、
みなさんのご協力をぜひお願いします。
 
ちらし・チケットを預かってもいいという方は、
知り合いの分まで、積極的にお申し出ください。
チケットを売ってくれそうな人を教えてください。
よろしくお願いします。
6月の会議
6月20日14~16時、豊川市文化会館 会議室です。

みなさん、こんばんは。
 
チケット販売用ちらしと
狭山ニュースを添付します。
 
昨日はあれやこれやで本当に忙しかった。
今日はやっと狭山のおたよりを送ることができます。
あ~、ちょっとの幸せです。
 
でも、パソコンの周りはくちゃくちゃ。
いっぺんに3つくらいやることを抱えていたので、
ほんとは、きれい好きなんですけどねー。
汚くても死ぬことはない。
 
ひとつだけ、自慢ぽいこと書かせてください。
めったないほどうれしかったので。
小学校3年の算数でコンパスで長さを写し取って、
長さを比べるという勉強をしました。
それがかなり楽しかったので、
カマかけて、
「この勉強めちゃ楽しいね、そう思わん?」と聞いてみました。
「全然」とかいう子もいるかなと思ったら、
「そうそう、今までの算数の中で一番楽しい」
なんて言ってくれました。
いや、そないか?そこまでか?
やっぱ、そやろ!
もっと言うて!
今日はこの一言でだいぶ元気になりました!

みなさん、こんばんは。

狭山の集いがありました。

はじめ40人の目標だった参加者は10人でした。
また、見通しが甘かった。
いつもぼくはそうなんです。
でも、今までまでだったら、焦ったと思うけれど、
今回は、まだ気持ちにゆとりがあります。

大丈夫です。
ここからやっていくしかありません。

狭山中央集会で石川早智子さんは
冤罪事件の志布志事件の記者会見の時後ろにあった
横断幕の言葉を引用していました。
「謝れ、償え、繰り返すな!」
本当に何十年にも及ぶ冤罪事件の
再審無罪を求める人々の思いを端的に表していると思います。
ぼくは、政治のために狭山に取り組んでいるのではありません。
無実の人を無理やり犯人とし、52年も真実が明らかにしないなどと言うことは、
政治以前の、人間の尊厳にかかわるような問題だと思う。
松元ヒロさんも
神田香織さんも
桜井昌司さんも
政治的な思惑で狭山を支援しているのではありません。
人間の尊厳を求めるからこそ、
狭山を無欲に支援しているのだと思います。
いわば、人間への共感がある。
僕もそんな思いで狭山に取り組みたい。

一緒に中央集会に参加したMさんは、
翌日は狭山現地調査に参加しました。
石川一雄さんの再現された生家も訪ねました。
万年筆が見つかった鴨居はやはり胸に迫るものがあったそうです。
ここで証拠のねつ造があった!

集いは狭山茶と東京土産のお土産を楽しみつつ、
和やかに進みました。
チラシとチケットをそれぞれ持ち帰りました。
10月の豊川集会に向けて豊川実行員会が立ち上がりました。
がんばろう。

今日参加できなかった皆さん、
「チラシとチケット、預かりますよー」と積極的に声をかけてください!
お願いしますねー。

ともにがんばりましょう。
冤罪を繰り返さないために。
石川さんの一刻も早い再審無罪のために。

みなさん、こんにちは。

明日はいよいよ「狭山の集い」です。

さっき、中央集会の様子を16分のDVDにまとめました。
石川さんや支援者たちの訴えを聞くことができます。

また、映画に出てくる兄嫁のウメ子さんもちょこっと登場します。

なるべくアットホームな会にしたいと思います。
是非足をお運びください。知り合いを誘ってきていただけますと
にぎやかになっていいと思います。

〇豊川市文化会館 会議室
〇10時~作業 11時~集い

よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ