今日は、終日狭山デーでした。
午前は、街宣行動。
午後は、試写会。その時間、豊橋駅では、在特会がヘイトスピーチをしていたようです。

負けてなんかいられない。こちらは、人権の輪を広げていくぞ。

①10:00~11:00 私たちの初めての街宣行動。
会員4名、非会員さん2名の6名で行いました。非会員さん、本当にありがとうございました。
マイクは、Tさんと牧野さんが交代しながら。ぼくは、署名集め。後の方は、ビラ配り。

2人の会員は街宣デビューでした。「ちょっと緊張した」と言っていました。
隣で、天理教の人たちが歳末募金をやっていた。
そのうちの女性が署名をやりに来てくれた。
「この映画奈良でやった時、見に行きたかったけど行けんかった。
早く無罪になってほしいよね。」と言ってくれた。
うれしかった。きっと1月の集会にも来てくれると思う。
天理教の人ともっと話して、チケットを預かってもらえばよかった。
天理教会に行けば、チャンスがあるかもしれない。
署名は1時間で16筆。狭山事件のことを知っていて積極的にやってくれる人もいる。

どうやったら、短時間に話したらいいか、まだよく分かっていないけど、
署名とかの街宣行動は結構好きかも。

※ランチは時間がなくて、アフタードリンクは熱くて舌が焼けそうでしたが、とにかく急いで飲んで、
20分で会場準備して、試写会に備えました。

②試写会は参加が8名。スタッフが4名でした。
試写会は4回目ですが、毎回いい出会いがあります。
参加者が映画と出会い、ぼくらが参加者と出会います。
次回12月23日が最後の試写会です。13:00~ 青陵地区市民館。
まわりにまだこの映画を見ていない人がいたら、是非お誘いください。

③そのあと、定例会議をしました。

ぼくが、理想としているのは、山梨県甲府での上映会です。
市民が実行員会をつくって、多くの市民がこつこつとチケットを売り、
400名の集会を成功させました。
協力会員や非会員のみなさん、会員になりませんか?
何が変わるということもないかもしれませんが、
定例会議(たまにランチ)や作業やイベントを共に行うことで、
さらに、1月31日の集会は盛り上がると思います。
また、返信は必要ないと言いましたが、運動へのヒント、アイディア、苦言など
ありますと、超うれしいです。また、1月24日あたりに最終打ち合わせ会議を行います。
役割分担も最終的にきめます。この会議には、なるべくご参加ください。よろしくお願いします。
また、この日は、1月の街宣行動も行います。中日新聞には、ぜひ取材をと思っています。もしできるなら、テレビ局も。街宣行動の後、会議を行います。


①あす12月21日は、
狭山デーです。
1)10:00~11:00 豊橋駅前デッキでの街宣行動。
豊橋駅と渥美線豊橋駅の間の広場の東にポストがあります。
そこを集合場所にしたいと思います。9時50分集合。
そこに荷物を降ろします。
その後、デッキの上に上げようと思います。
2)11:30~12:30 ランチ(エルグレコ)
3)13:00~15:30 試写会&交流会 青陵地区市民館 会議室
4)15:30~16:00 会議

みなさん、部分的でも結構ですので、ぜひご参加ください。
よろしくお願いします。

②12月23日(火・祝)は、最後の公式試写会です。参加者も10人は行くと思います。
スタッフで参加できる人はお願いします。

③今日は、2つの会合に参加して、狭山の話をさせていただきました。
1つ目の会合では、反貧困のTさんが、
「ぼくは、前の試写会で始まりの部分しか見れなかったですが、それでも、
いい映画であるということがよく分かりました。応援します」といって、
チケットも預かっていただきました。
ありがたく、心強いです。

④いろいろな人がいろいろなことをしています。
すごいなあと感心ばかりです。自分のメインにやることをやり、
アンテナを上げて他の人がどんなことをしているか知り、
できる範囲でゆるやかに横の連携をもつことが大事だと思います。

※もちろんですが、楽しいことも忘れずに。
狭山の映画の中で早智子さんも言ってますよね。
「冤罪のことだけじゃなくて、生きていて楽しいこともたくさんしたい」って。

みなさん、こんばんは。

今日は、職場の忘年会。
自己評価の低い自分は、人前で自分らしさを発揮するのが
不安(人見知り)で、飲み会は苦手です。
(人はぼくのことをどう思っているんだろうということが気にかかる)
でも、先日の忘年会以来、
ああ、人前で自分をさらけ出していいんだという
安心感が出て来て、
今日の忘年会も結構楽しく過ごすことができました。
狭山のことで、積極的に多くの人に会いたいと思うようになり、
会って、その出会いに感激したりすることが多くなり、
人と会って、話をすることが好きになってきたのかもしれません。

①ペシャワール会の写真展のお店番(受付係)を2回しました。
中には、ペシャワール会について詳しくないぼくに話しかけてくる人もいらっしゃいます。
話題は、いろいろ広がっていきます。
もしかしてと思って、狭山の話をします。
多くの人が良く聞いてくださいます。
映画会に来てくれそうな気もします。

②そういう人の中で、奇跡的な出会いがありました。
ぼくの当番時間が終わって、階段を降りていたら、
登ってきてすれ違った人が「あら?」と、声をかけてきました。
このごろ、人の顔をなかなか覚えられないので、
思い出すのに苦労しましたが、「Mさん?」ときいたら、
そうでした。その方は、ぼくと同じ山の会の会員で
やはり写真展に来たのだそうです。
ご夫婦で来ていて、旦那さんは、狭山事件のことを知っていました。
(このちらしが部屋に飾ってあるそうです)
あと1分ずれていたら、こういう出会いはなかったと思います。
チケットを預かっていただくまで、話を進めていきたいと思います。

↑このページのトップヘ