みなさん、こんばんは。

今日は、職場の忘年会。
自己評価の低い自分は、人前で自分らしさを発揮するのが
不安(人見知り)で、飲み会は苦手です。
(人はぼくのことをどう思っているんだろうということが気にかかる)
でも、先日の忘年会以来、
ああ、人前で自分をさらけ出していいんだという
安心感が出て来て、
今日の忘年会も結構楽しく過ごすことができました。
狭山のことで、積極的に多くの人に会いたいと思うようになり、
会って、その出会いに感激したりすることが多くなり、
人と会って、話をすることが好きになってきたのかもしれません。

①ペシャワール会の写真展のお店番(受付係)を2回しました。
中には、ペシャワール会について詳しくないぼくに話しかけてくる人もいらっしゃいます。
話題は、いろいろ広がっていきます。
もしかしてと思って、狭山の話をします。
多くの人が良く聞いてくださいます。
映画会に来てくれそうな気もします。

②そういう人の中で、奇跡的な出会いがありました。
ぼくの当番時間が終わって、階段を降りていたら、
登ってきてすれ違った人が「あら?」と、声をかけてきました。
このごろ、人の顔をなかなか覚えられないので、
思い出すのに苦労しましたが、「Mさん?」ときいたら、
そうでした。その方は、ぼくと同じ山の会の会員で
やはり写真展に来たのだそうです。
ご夫婦で来ていて、旦那さんは、狭山事件のことを知っていました。
(このちらしが部屋に飾ってあるそうです)
あと1分ずれていたら、こういう出会いはなかったと思います。
チケットを預かっていただくまで、話を進めていきたいと思います。

みなさん、こんばんは。

①豊橋ユネスコ協会の方が1月のチケット5枚購入してくださるそうです。
豊橋ユネスコ協会は、各学校に戦争体験の出前講座を熱心にしていらっしゃいます。
ぼくは、「豊橋空襲を語りつぐ会」として、同じような出前講座を行っています。
ライバルでもあり、講師の紹介をし合ったりなど、連携もしています。
「いまこそ戦争体験を子どもたちに!」という熱意には、心打たれます。
その人たちからの狭山への連帯本当にうれしいです。

②今日、技科大と創造大に上映会への案内に行ってきました。
ぼくの手応えとしては、なかなか厳しいなと思いました。
全学的規模とか、学校上げてというより、
愛知大学でやったように、特定のゼミで上映してもらうくらいかなと思いました。
それにしても、教授と個人的に知り合ったり、出会ったりすることが必要だと思いました。
学生とは、上映会の後、知り合えるかもしれません。
1月31日までに、教授と知り合えるチャンスがあるなら持ちたいと思います。
でも、大学での上映会は1月31日以降のうちの会の活動のメインではないかなと思いました。
膨大なエネルギーを費やす割に、成果は上がらないかもしれません。
それよりも、会員や協力会員や周りの人を誘って狭山事件についてしっかり学習するということをメインにした方がいいと思いました。

③金田さんのHPをみなさん、ときどきチェックしてくださいよ。
http://www.geocities.jp/fuekam/
この「注目動画」のコーナーには周防監督の「それでもぼくはやっていない」とか、
袴田事件を映画化した「BOX袴田事件」の2本の映画がありますし、
狭山事件の無実を示す「狭山事件の真実(1)」「(2)」の2本の動画も入っています。
ぜひ、ご覧ください。

④どなたか、ブルーレイのディスクプレーヤーお持ちではないですか?
DVDやパソコンよりきれいに映るそうです。

⑤誰に話を持っていったらよいかとか、何か情報がありましたら、
どんなことでも結構ですので、教えてください。
むかし活動をしていた人、政治的でなくとも社会的な活動をしている人、正義感の強い人、
熱い人、小さなチャンスも大事にして、広がりを作りたいと思います。
市民の人が、映画会の成功に向け、石川さんの再審に向け、動き出すようにしたいと思います。

今日は寒かったですね。
和田辻より北の方は、スリップ等気を付けてくださいよ。

①このおたよりメールをぼくが一方的に発信させてもらっている
中学の同級生のIさんが、朝電話してきてくれた。
こういうとこへ、話に言ったらどうかと言うアドヴァイスだった。
ぼくのこのおたよりを読んで思いついたという。
3人候補を教えてくれた。
めちゃくちゃうれしかった。本当にうれしかった。
ありがとう。
1月の映画会に向けて、市民が本気になってくれている。動き出してくれている。
これこそ、市民活動だと思う。
こんな人が何人かできているし、これからもでてきてくれたら、本当にうれしい。

②Iさんが紹介してくれたうちの一人は、設楽ダム工事に反対しているOさんです。
ぼくは、面識はなかったけど、ぼくのことを知っていて、
寺本市会議員とともに、12月21日に来てくれるそうです。
とても元気いっぱいな方でした。
21日も23日も7,8人以上は確保できそうです。

↑このページのトップヘ