nisshi_2019_03_13

 2月の街頭宣伝の時、署名用紙を持って行かれた方から集めた署名が届きました。ありがとうございます。春のたよりみたいにうれしいですね。つながりを積み重ねていきたいものです。

北川好伸さんの再審開始を求める天竜集会に参加しました。
冤罪事件に特有なことが起きていると実感しました。「自白」と潔白を繰り返す、検察に不利な証拠を隠すなど。この事件の検察は言ってもいないことを供述調書に書いてストーリーを作り、「そんなことは言ってな言ってない、書き換えてくれ」と抗議してもなかなか応じようとしないなど、本当にひどい。
弁護側は再審棄却の後、即時抗告をするのに3日(休みが入ったので4日)で書き上げなければならないのに、検察はその後2年半も何の反応も示さない。裁判所が催促しているかどうかも分からない。
日本では再審の仕組みが整っていない。
弁護士の海渡雄一さん、双葉さん、高貝さんの話はとても分かりやすかったです。冤罪被害をなくす市民の会が立ち上がるので、ご支援をお願いしますとのことでした。天竜まで来て良かったと思いました。TenryuShukai_2019_3

狭山おたより日誌2月26日

 今日の街宣は、久しぶりににぎやかでした。8名の大結集です。
狭山のリーフレットと狭山ニュースをセットにしたものは150部撒き切りましたし、

署名は6筆、さらに今日初めて参加していただいた牧野代表の友達は、署名用紙を持ち帰ってくれました。

 行動後は、いつもの喫茶店で一休み。
ぼくは大阪の狭山・袴田集会と打ち上げ交流会の報告をしました。
そこでは、狭山のこれからの取り組みとして、
①下山鑑定を重点的に訴える
②事実調べを強く要求する
③後藤眞理子裁判長への手紙やはがき作戦を強化する、
ということを多くの人たちが訴えていたように思います。

 また、袴田事件の「恩赦」について話題が出ました。
豊川事件では、地元新聞社の記者が本を書きました。素晴らしいことです。
3月2日の天竜林業事件の集会には2人が参加します。

 次回は4月10日(水)15:00~16:30
(喫茶店では16:00と言いましたが、街宣ではないので早めます)
アイプラザ304号会議室にて定例会議です。
内容は

・6月の「総会」準備について

・「獄友」上映会について

 都合着く方、久しぶりの方、初めての方、ぜひお越しください。

↑このページのトップヘ